Amazon刈り取り

スポンサーリンク
せどり

【2021年最新版】第2章【Keepa】Product Finderを全て解説!!

前回に引き続き今回もProduct Finderの機能について説明していきたいと思います。 今回は、「Title, Brand and more!」という項目ですね! こちらも重要な項目になってくるのでしっかり覚えていきましょ...
せどり

【2021年最新版】第1章【Keepa】Product Finderを全て解説!! 

せどりをやっている多くの方がKeepaを利用しているのではないでしょうか? Keepaの機能のなかでもProduct Finderというかなり便利な機能があるのですが、そのすべての機能について熟知している人はなかなかいないと思います...
ツール実績

【Amazon刈り取り】今日の通知をもとにどのような判断をしていくのか説明します

今回は今日通知が来た商品を説明を踏まえ紹介したいと思います。 どのような通知が来るのか、どのような判断をするのかなど参考にしてみてください! 全て無料のアカウントから来た通知を載せています。 今日の通知 ...
電脳せどり

【Amazon刈り取り】キーゾンWEBの使い方 ~見やすいグラフで判断しよう~

Amazon刈り取りをする上で仕入れ判断はかなり大事になってきます。 仕入れ判断を間違えると赤字になってしまいますので慎重にしなければなりません。 モノレートが廃止になった現在、皆さんKeepaで判断していると思いますが、Ke...
Uncategorized

【Amazon刈り取り】Keepaで金額を自動入力する設定方法

Keepaにトラッキング登録するとき、毎回金額を入力するの面倒ですよね。 入力するときも明確にこの商品だったら何円とか決まっているわけでもなく、利益が出そうと思う金額はだいたいX%くらいだからその辺りの金額で登録しようといったアバウ...
電脳せどり

【Amazon刈り取り】2回同じ出品者から通知が来たらセラーリサーチしよう

題名を見て何のことを言っているかわからない方もたくさんいると思います。 具体的に説明していきますね。 Keepaから通知が来て商品ページを見たら「ABC商店」というセラーが出品している商品だったとします。刈り取れる商品だったら...
せどり

【Keepa】普段とは違う刈り取り方

刈り取りは急に価格が下がった時に刈り取って、定価に戻った時に販売する方法が一般的です。 例えばこちらの商品を見てください。 価格推移は安定して3万円前後ですが、一瞬だけ14700円になっています。 こういったタイ...
スポンサーリンク
PAGE TOP