FBA納品の仕方がわからない!?FBAの納品の仕方を1から説明していきます!!

せどり

FBAが便利なのはわかったけど、納品ってどうやってやるの?

正直、FBA納品手続きの画面は難しい事がいろいろ書いてあり、初心者の方には何がなんだかわかりにくいですよね。

そこで今回は、FBAに納品して販売を開始するまでの流れをご説明していきます。

FBAを利用するためには

まず、FBAの利用する前に確認しておく事があります。

それは「大口出品」の登録をしているアカウントであることです。

小口出品アカウントではFBAを利用出来ませんのでご注意ください。

事前準備しておくもの

Amazon販売の基本中の基本!!商品登録の方法とFBAの活用方法でも述べましたが、FBAを利用するにあたって事前に準備しておくと便利なアイテムがあります。

  • 体重計
  • メジャー
  • 商品ラベル
  • ダンボール
  • ガムテープ

FBAを利用する際に、納品するダンボールの重さとサイズをはかる必要が出てきます。

また、もちろん商品を梱包するためにダンボールやガムテープが必要になってきます。

ダンボールはホームセンターやスーパーにて無料でもらえる店もありますので必要ない経費は削減していきましょう!!

商品ラベルは、納品する商品が誰のどの商品なのかを判断するために商品ごとに貼る必要があります。

数が多くなってくると、納品の際に一番面倒になってくる作業でもあるので、ある程度せどり にも慣れて納品する数が増えてきましたら、外注化なども視野に入れていくこともいいですね。

納品してみよう!!

それでは、さっそく納品手続きをしていきましょう!

まずこちらの記事を参考に商品登録をしていきます。

Amazon販売の基本中の基本!!商品登録の方法とFBAの活用方法

自己発送で商品登録をしていても、納品する際にまとめてFBAからの出荷に変更出来ますので、わざわざ商品登録し直す必要はございません。

あらかじめ納品したい商品の商品登録をしている前提で説明いたします。

まず、トップページから在庫管理画面を開きます。

在庫管理画面には、自己発送の商品も在庫切れの商品も停止中の商品も表示されていますので、納品したい商品にチェックをつけます。


チェックをつけたら画面左上に「選択中の?商品を一括変更」というボタンがありますのでそちらをクリックし、「在庫商品を納品/補充する」を選択します。

確認されますので、選択した商品を確認し「はい、続けます。」をクリックします。

下図のような画面になりますので、「納品手続きに進む」をクリックします。

ここで商品登録の際に危険物であるかどうか確認していない商品は「危険物ではない」確認をする必要があるので「+危険物情報を追加」をクリックし、選択箇所があるのでどちらも「いいえ」を選択し「送信」をクリックします。

画面が切り替わりましたら、「保存して次に進む」をクリックします。

次の画面では「納品プラン」「発送元」「梱包タイプ」を指定する必要があります。

「納品プラン」は新規ですので「新規の納品プランを作成」を選択します。

「発送元」は発送する住所をご入力ください。

「梱包タイプ」は「個別の商品」と「メーカー梱包」が選択できますが、すべて同じ商品だったとしても「個別の商品」を選択して大丈夫です。

そして「続ける」をクリックすると、数量を入力する画面になりますので、商品ごとに数量を入力して「続ける」をクリックします。

次の画面で梱包用件を確認しますが、ここでは何もせずに「続ける」をクリックして大丈夫です。

そして「ラベルを印刷」をクリックしラベルを印刷します。

そして「続ける」をクリックすると、納品先情報が表示されます。

商品によっては納品先が異なる可能性がありますので、先に納品手続きをしてから梱包することをおすすめします。

納品先を確認しましたら、「承認して次へ」をクリックします。


最後の画面となりました!!あと少しですので頑張っていきましょう!!

1.納品する商品を確認

ここで納品する商品に間違いがないか確認します。もし追加で納品したい商品があったり、納品したくない商品が混ざっていたりした場合、ここで修正します。


2.配送

ここで配送業者を選択します。「FBAパートナーキャリア(日本郵便)」を選択した場合、着払いでAmazonの倉庫に納品し、配送料は売上金から差し引かれます。

また、伝票も印刷して作成できますので、住所を書く必要もございません。


3.輸送箱(複数箱の場合、内容と一致する箱番号[末尾001,002…]のラベルを箱ごとに貼付)

ここで輸送箱内の情報を選択します。ここでは1個だった場合の説明をしていきます。

「輸送箱の重量 (kg)」に輸送箱の重量を記入します。

「輸送箱の寸法 (cm)」に輸送箱の3辺の長さを記入します。


4.配送料

FBAパートナーキャリア (日本郵便)」を選択していた場合、「計算する」をクリックすることで配送料の目安を知る事ができます。


5.配送ラベル (納品先FCの間違いが多発 – 配送ラベルの納品先FCを確認してください)

最後に「配送ラベルを印刷」から配送ラベルを印刷し、ダンボールに貼り付けて「クリックすると納品が完了します」をクリックして完了です。

まとめ

やはり、初めて納品するときは時間がかかってしまいますね。

慣れてくると、ほんの数分で納品できるようになりますので、最初は苦労するかもしれませんが頑張ってみてください。

同じ配送業者での発送が多くなってきますと、少し安くで発送できる契約などもできてくるようになりますので、徐々に経費を削減しつつレベルアップしていきましょう!!

コメント

  1. […] FBA納品の仕方がわからない!?FBAの納品の仕方を1から説明していきます!… […]

PAGE TOP