FBA料金シミュレーターで正確な利益率を計算する方法

せどり

せどりをするにあたって、利益率や入金額の正確な把握は大事ですよね。

ここを間違えていると仕入れた後に赤字だと気づいたり、利益率が下がったりします。

今回はそういう間違いをしないように、FBA料金シミュレーターで正確に料金計算する方法をご紹介していきます。

FBA料金シミュレーターとは

FBA料金シミュレーターとは

出品者様のフルフィルメント料金(梱包・出荷・配送の諸費用)をご入力いただいた場合、出品者様のフルフィルメント料金とAmazon.co.jpが発送する、購入者からの注文のフルフィルメント料金に関する料金比較をご確認いただけます。

amazon.co.jp

ということは、FBAを利用した時と自己発送の場合の料金が正確にわかるということです。

販売する商品価格と仕入れ価格さえ分かっていれば、利益額や利益率、FBAと自己発送の比較ができるためとても便利なツールです。

FBA料金シミュレーターの使い方

こちらからFBA料金シミュレーターを表示します。

検索ボックスがありますので、そこに商品のASINやJANコードを入力します。

今回はこちらの商品で見てみましょう。

現在のAmazon最安値が9099円です。

仮にこちらの商品を5000円で仕入れることができたとしましょう。

「商品原価」に「5000」と入力し「計算」をクリックします。

もっと正確な情報が知りたい場合は「配送料」なども入力しておくといいですね。

今回の場合、自己発送だと純利益が3371円で純利益率が37%、FBAだと純利益が2267円で純利益が25%です。

このように簡単にFBAと自己発送の料金比較ができますので、仕入れる量や仕入れ額によってFBAと自己発送を使い分けることなどもできますね。

まとめ

今回はFBA料金シミュレーターについてご説明していきました。

1つの商品を自己発送とFBAで比較すると自己発送のほうが利益が出るように感じられますが、例えば同じ商品が100個あった場合、1つ1つにかかる送料や労働力等を考慮すると、FBAのほうが利益が出て少ない労働力で済むことのほうが多いので積極的にFBAを利用していきましょう!!

コメント

PAGE TOP