こんな商品を見つけたら要注意!?Amazon刈り取りで気を付けること3選

電脳せどり

電脳せどりの中でもAmazon刈り取りは1回の仕入れで多くの利益を出しやすい方法です。

ですので、せどりを始めたての方でも興味の出る分野かと思います。

今回はAmazon刈り取りを始めたばかりの方やこれから始めようと思っている方向けに、注意して取り組んでほしい点についてまとめました。

これを知らずにAmazon刈り取りを始めると失敗してしまう事がありますので最後までしっかり見て参考にしてみてください!

はじめに

Amazon刈り取りは、他の仕入れ方法同様に仕入れ判断がキーになってきます。

間違った仕入れ判断をすると、赤字になってしまったり最悪の場合アカウント停止になってしまう場合がありますので注意が必要です。

特に注意が必要な点についてまとめましたので参考にしてください。

また、仕入れ判断ができるのは通知が来てからです。

通知を受け取るにはKeepaへの登録が不可欠ですのでしっかりとトラッキング登録はしていきましょう!

サイズ感

Amazon刈り取りでは相場よりX%価格が下落して出品されたからといって、一概に仕入れ対象になりうるとは言えません。

例えば、商品Aと商品Bがあり、どちらも相場が3000円同じ価格で同じくらい売れているとします。
どちらもKeepaにトラッキングしていると2000円で出品され通知が来ました。

商品Aはコスメ商品でサイズはかなり小さく、商品Bは家庭用扇風機だった場合、商品Aは薄利になりますが、利益は出ますし在庫数次第では大きく利益を出していくことができます。

しかし商品Bは商品サイズが大きく、送料負けしてしまい、赤字になってしまう可能性が大きいです。

このようにサイズ次第で利益がでたり赤字になってしまう事などもありますのでサイズも注意して仕入れ判断の材料にしましょう!

ポイント

Amazon刈り取りで仕入れる際は現在の相場がいくらなのか確認する必要があります。

ポイントはKeepaやデルタのグラフには反映されていません。

こちらの商品を見てみましょう!

ポイントが1000ポイント以上ありますね。
つまり、利益が1000円以上少なくなるということです。

ポイントを含めても利益が出る場合は仕入れても問題ありませんが、相場を確認する際はポイントも見落とさないように確認しましょう!

OEM商品

OEM商品を刈り取り、販売してしまうと知的財産権の侵害としてクレームを受け、最悪の場合アカウント停止になる可能性があります。

OEM商品は常に出品者数が1人の商品などで見分けることができます。

OEM商品は刈り取り対象外としてトラッキングしていきましょう!

まとめ

Amazon刈り取りで仕入れる際に気を付けることは

・サイズが大きすぎて送料負けしないか
・相場の確認時にポイントを考慮しているか
・OEM商品でないか

です。仕入れた後に赤字になることに気づいたら一応返品も可能ではありますが、アカウントにどれくらい影響してくるのか基準が開示されていませんので十分に注意していきましょう!

■コンサルグループ
『DECOUP』
刈り取り商品自動配信ツール導入中


■私が利用しているツール

REAPER
Keepa一括登録ツール(現在30日間無料モニター募集中)

Rakukari
Price2alert一括登録ツール(楽天刈り取りツール)

■その他にも情報発信をしていますのでチェックしてみてください。

LINE
Amazon刈り取りに関する情報発信や刈り取り商品のリアルタイム配信

Youtube
noteやブログで発信したノウハウを動画でもわかりやすく説明しています。

コメント

PAGE TOP