【Amazon刈り取り】Keepaのトラッキング更新頻度はどれくらいがベスト!?

せどり

Amazon刈り取りはKeepaにトラッキングして登録数を増やしていくだけで終わりといった簡単なものではありません。

ネット上の商品の需要や相場は常に変化しています。
Amazonも例外ではありません。

ですので、1年前にトラッキングした商品が今も需要があるのか、今もその当時設定した目標価格が最適な価格であるのかなど、確認しなければいけません。

そのため定期的に更新が必要になってきます。

今回は、どれくらいの頻度で更新した方がいいのか、更新の仕方などを説明していきたいと思います。

なぜ更新が必要なのか

先程少し触れましたが、数か月前や1年前などにトラッキング登録した商品をそのままにしておくと、相場や需要が変化し、トラッキングしている意味がなくなってしまう事があります。

トラッキングの更新を行わなかった場合、3パターンに分かれます。

・登録商品がプレ値になり、目標価格まで価格が下がるとは思えない
・登録商品の価格がさがり、通知が高頻度で来る
・需要がない

それぞれ説明していきます。

登録商品がプレ値になり目標価格まで価格が下がるとは思えない

わかりやすいように1年前に登録し、現在その商品を確認したという程で説明していきます。

1年前:商品価格5000円、目標価格3000円
現在:商品価格10000円、目標価格3000円(1年前のまま)

上記例を見ていただければわかりやすいかと思いますが、5000円の商品が3000円で出品される可能性は考えられますが、10000円の商品が3000円になることはあまり考えられません。

もちろん、現在10000円が相場になっている商品が3000円以下で出品された場合は通知が来ますし、大きな利益が取れるかと思いますが、そもそも通知が来ない確率の方が高いと考えられます。

ですので今回の例でいうと、10000円まで価格が上昇したのであれば、目標価格を7000円などに変更した方が通知を受け取れる可能性は上がりますし、利益を出すチャンスを逃すことが少なくなります。

登録商品の価格がさがり、通知が高頻度で来る

1年前:商品価格5000円、目標価格3000円
現在:商品価格3000円、目標価格3000円(1年前のまま)

上記例を見てください。現在の商品価格と目標価格が同額になっています。

その場合どうなるかといいますと、最安値(3000円以下)で出品者が増えるたびに通知が来てしまいます。つまり、必要のない利益の出ない商品の通知が高頻度で来てしまう事になります。

商品価格が3000円まで値下がりしたのであれば、目標価格は1800円など利益が出る価格で設定しなおす必要があります。

需要がない

価格の変化は関係なく、そもそも需要がなくなった場合はどうでしょうか。

5000円の商品が3000円で出品され刈り取ったとしてもその商品が売れるかもわかりませんもわかりません。

少し値下げしたら売れるかもしれませんが、それも確信がない状態で販売することになります。

売れるかわからない商品を刈り取るのはリスクが高いです。
こういった商品は仕入れない方が良いので、そもそも通知も来ない方がいいですね!

需要がなくなった商品はトラッキング対象商品から削除しておきましょう!

トラッキングの頻度

結論からいいますと、可能であるならば高頻度で更新はした方が良いです。(月に3回程)

最低でも月に1回はした方が良いです!

でも例えば1000商品トラッキング登録していたとして、それを全てチェックするのって大変ですよね。

ですので、これはツールを利用していた場合に限ります。

KeepaでASIN出力 → ツールでトラッキング登録 → 全てのトラッキングの削除 → ツールで再登録

の繰り返しになります。

ではツールを利用していない人はどのようにすればよいのか、それは、
必要のない通知が来た際に、目標価格の更新もしくはトラッキングの削除を行う
これがベストです!

トラッキング削除する場合は下画像の赤枠をクリックするだけです。

目標価格の変更をしたい場合は、下画像の「トラッキングを更新する」をクリックし、目標価格を変更するだけで可能です。

でもそれだと「プレ値になった商品」と「需要がない」商品は更新されないまま残っていくじゃないかと思う方もいると思います。

でもそれで良いのです!

手動で登録する場合、登録した商品など覚えていないですよね。

いいと思った商品を1つずつ登録していくと思うのですが、「これは登録したからスキップしよ」とはなかなかならないと思います。

ですので気づいたときに更新するだけで全然大丈夫です!手動の場合はひたすらトラッキング数を増やすことを意識して、必要のない通知が来たらその都度、目標価格を更新するかトラッキング削除をするといったやり方で大丈夫です!むしろそれがベストだと思います!

トラッキング数が上限まで来たら、トラッキング商品を確認し必要ない商品を削除していくのもいいですね!

手動で登録している方は第一にトラッキング商品を増やすことを考えて対応していきましょう!

まとめ

Amazon刈り取りにおいて更新は必須です!
今後続けていくのであれば必要のない通知はかなり邪魔に感じてきます。

ツールがある場合は、最低でも1ヶ月に1回は更新をする。

手動で登録する場合は、通知が来るたびに必要のない通知であれば、目標価格の更新もしくはトラッキングの削除を行う。

上記を意識して取り組んでいきましょう!

■コンサルグループ
『DECOUP』
刈り取り商品自動配信ツール導入中


■私が利用しているツール

REAPER
Keepa一括登録ツール(現在30日間無料モニター募集中)

Rakukari
Price2alert一括登録ツール(楽天刈り取りツール)

■その他にも情報発信をしていますのでチェックしてみてください。

LINE
Amazon刈り取りに関する情報発信や刈り取り商品のリアルタイム配信

Youtube
noteやブログで発信したノウハウを動画でもわかりやすく説明しています。

コメント

PAGE TOP